哀悼:ターンAターン

昨日はあまりの突然のニュースに思わず声を上げて驚いてしまいましたが、5月16日に西城秀樹さんが63歳という若さでお亡くなりになられました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

30代半ばの筆者にとって西城秀樹さんは気付いた時にはアイドルという存在よりは、バラエティ番組なんかによく出演されていたと記憶しています。

ただ、筆者には強烈に西城秀樹さんといえばこれ!っていうイメージがありまして、、、

こちらですね。∀ガンダムのOP「ターンAターン」を歌っておられました。

「なんだ!?これがガンダムなのか!?」、「この壮大な感じのOPはなんだ!?」ってな具合にガンダムXが明けてから久し振りだったので、ワクワクしながら楽しみにしていたのですが、当時は確かにう~ん・・・って感じでしたね。

なんせ見た目のインパクトが当時は強烈過ぎましたからね・・・

激しくなく穏やか、戦いは戦場ではなく政治の場、唄も大人な西城秀樹と、当時そういう部分ではまだまだ幼かった筆者では、大人な風味の∀ガンダムを理解するに至らなかったですかね。

というように思われている方は多いと思いますし、故にやはり今でも好き嫌いがスパッと分かれる作品なのでしょう。

今となってはビジュアルも世界観も理解出来るようになり、「ターンAターン」も西城秀樹さんだからこそ、素晴らしい中には素晴らしいが輝いていると思います。

筆者も年を重ねたせいか訃報を聞くと、え!?ってなることが多くなってきました。1つの時代が終わったような西城秀樹さんの訃報ではありましたが、後生に遺してくれたものは大きいですよね!

しかしガンダムウォーズに於ける∀ガンダムも鍛えたいけどなかなか被ってくれないなぁ・・・(泣)

何気に筆者はガンダム最強は∀と思ってますんで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする